麺従腹背

ラーチャン専門 我武者羅 蒲田店@大田区蒲田

(公開: 2022年07月15日)

麺  ★★★★☆☆/三河屋製麺 中細ストレート

スープ★★★★☆☆/煮干し 鶏ガラ 豚ガラ 野菜

総合 ★★★★★☆☆

オーダー:朝セット(淡麗煮干し)

 

大田区の蒲田近辺を開拓しまくっている今日この頃。

蒲田駅周辺はラーメン激戦区で、それぞれのお店が個性を出して営業している。

深夜まで食べれるラーメン屋さんから、24時間営業のお店、そして朝から食べれるラーメン屋も!

 

以前、蒲田駅東口の家系ラーメン志田家で朝ラーを食べました。

朝のラーメンって、朝起きて間もないので体に染み渡るというか、凄く良いんですよね。

 

今回も朝ラーを食べようと蒲田へ来ましたが、どうやら蒲田駅西口にも朝ラーを提供しているお店があるということで初訪問したのが、ラーチャン専門 我武者羅です。

 

我武者羅ブランドは最近都内各地に勢力を強めていて、新潟のラーメンが食べれる貴重なお店です。

オープンは2021年4月なので、また^_^日が浅いお店ですね。

 

ちなみに、ラーチャンも新潟ならではの呼び方で、こちらでは半チャンラーメンのことを指します。

 

営業は朝7時から!今回は7時半頃の入店で、先客1の後客2。

事前リサーチで分かっていましたが、朝は日替わりのラーメンとセットはカレーとのこと。

 

朝はチャーハンの提供は無しですね。

 

本日のラーメンは淡麗煮干しです。

 

券売機にて、朝ラーセット880円を購入して着席。席はオールカウンター。

 

朝ラーセットは日替わりのラーメンとカレーライスが付きますが、カレーは大中小を選べるようです。

ワタクシは今回は小で様子見することにしました。

 

そして、待望の朝ラーセットとご対麺!

麺男 dism
麺男 dism

朝は温玉か生卵か味玉がサービス。朝ラーとは思えないクオリティ。単品なら680円とコスパ最強です。

スープは煮干しの効いた清湯タイプ。しっかりと煮干しを感じますが、割とライトな感じ。豚ガラ、鶏ガラをスープの軸にしているようですので、煮干しは前面にくるよりはバランス重視で支えている感じですね。

 

やはり、朝は身体に優しく染み渡ります。そんな食べやすいラーメンです。

麺は三河屋製麺の中細ストレート。

ノスタル感を出しているラーメンなので、麺も凄くクラシカルな感じですね。

 

昔食べたラーメンを思い出すような定番の麺です。

しかし、さすが勢力拡大中の我武者羅です。麺の雰囲気は昔ながらっぽさを出しつつも、加水率が中〜やや低めなので、麺の美味しさも感じることができます。

 

固めも事前にオーダーできるようですので、しっかり流行りはおさえていますね。

チャーシュー!

けっこう分厚くて、ほんのり脂が乗っていますが、赤身が多く肉肉しくて良いですねー。

柔らかくジューシーで朝からこの肉は堪らんです。

サービスの味玉。中はトロトロの半熟スタイル。煮干しのスープに合います。

忘れちゃいけないカレーライス。

券売機には、あのカレーライスと書いていました。

あのカレーライスは、あのカレーライスでしょうか?

新潟市のバスセンターにある名物カレーライス。

見た目はオーソドックスな、家庭的なカレーのように思えますが、一口食べるとなかなかスパイシーで少々驚き。

玉ねぎや人参、肉も多く入っています。辛いけど美味しい。朝カレーは身体に良いんですよね。

 

美味しいんですけど、スパイシー故にラーメンのスープの味は分からなくなります。

そこは注意が必要です。

そして、小でもけっこうボリュームあります。

 

暑さのせいなのか辛さのせいなのか分かりませんが、汗が止まりません。

卓上の味変アイテムにカレー醤油なる不思議なものがあります。店員さんにもオススメされました。

 

半信半疑で、カラー醤油をひと回しかけて食べると、本当に不思議!

なんかコクが出て、スパイシーさが少し中和されてまろやかになった気がするのは、ワタシだけなのでしょうか。

間違いなく食べやすくなりました!

 

腹パンでも完食しました!

とにかくコスパが良いのがポイント高いですね。そして、朝からこんな美味しいラーメンを食べれるのは幸せです。

今回は淡麗煮干しでしたが、長岡生姜醤油、燕三条背脂煮干しなど、我武者羅ブランドの柱もメニューにあるのでまた来たいと思います。

 

帰り際、小さい缶の飲み物をサービスで頂きました。そして、店員さんが行ってらっしゃいとお店を送り出してくれます。

とても気持ちのいい朝となりました。

ごちそうさまでした!