麺従腹背

Tombo@武蔵野市吉祥寺

(公開: 2022年01月16日)

麺  ★★★★☆☆/三河屋製麺 細ストレート

スープ★★★★★☆/鶏 豚 昆布 魚介

総合 ★★★★★☆☆

オーダー:味玉醤油の旨味ソバ

 

ワタクシごとですが、最近ロード用の自転車を購入。今まで折りたたみ自転車でしたが、乗り換えたことにより行動範囲が広がりました。

 

今日はサイクリングを兼ねて吉祥寺まで味を伸ばしました。

ずっと気になっていたTomboに初訪問です。雑誌でもよく出るお店で、トライ大賞の掲載を拝見してから行きたいと思っていたので、思い切って訪問しました。

入店は13時半頃。たまたま待ちがいなくてスムーズに入店!ちなみに、お店を出るときは6人程の列ができていました。すごくラッキーなタイミングで入店できたようです。

 

入り口の券売機にて、味玉醤油の旨味ソバ1100円をオーダー。

調味アイテムは一般的な感じですね。

店内は落ち着いた感じで、カウンターオンリー。お水はセルフ。オペレーションは3です。

 

ライブ感があるカウンターなので、じっと工程を眺めているとすごく丁寧な仕事ぶりが伺えます。

 

そして入店から10分ほどで味玉醤油の旨味ソバとご対麺を果たしました。

麺男 dism
麺男 dism

綺麗な麺線が美しいビジュアル。湯切りも迫力があり素晴らしかったです。

肝心のお味の方はサラサラの清湯タイプで、あっさりとしながらも名前同様、豚や鶏をメインとした動物系の旨味を感じるスープ。

そこに昆布や魚介を合わせているようです。

表面を覆う油は多めで、味に深みをもたらしています。情報では鶏油と豚油と香味油とのこと。

なんとなく昔ながらのクラシックな要素も少し感じる味です。

スープに浮かぶのは、焦がし玉ねぎかな?エシャーレット?香ばしさも少し感じで味の変化も楽しめます。

麺は三河屋製麺の細ストレートタイプ。

滑らか、しなやかという表現がピッタリ。少し柔らかめな印象ですが、スープと馴染んで一体感があります。

麺の太さや喉越しなど素麺に近い感じで、スルスルとすすり心地が良いですね。あくまで個人的な感想になります。

チャーシューは分厚めで大きくインパクトあります。柔らかくも適度な歯応えもあり、かなりワタクシ好みのタイプです。

チャーシューもどこかクラシックな感じを漂わせながらも先進的で、ジューシーかつ非常に美味しいです!

バラ肉なのに脂感も控えめなので完全にどストライク!!

味玉はトロトロの半熟スタイル。味付けはしっかりとされていて、少し濃いめ。

 

オープンしてから早々に話題沸騰となった理由が分かります。クラシカルな部分と先進的な部分を併せ持った一杯でした。最近だとパツっとした麺が流行なので、柔らかくしなやかな麺は少し意外でした。

 

吉祥寺、三鷹エリアは有名なお店が多いですね。

吉祥寺は遠くてなかなか足を伸ばせないエリアだったので、これからロード用自転車で開拓していきたいと思います。

 

ごちそうさまでした。

麺男 dism
麺男 dism

第19回のTRY新人賞で初めて知ってから行きたいと思っていたお店。地雷源出身の店主が作るラーメンは間違いなくハイレベルな味でした。